DB079_L

起業の資金調達と資金繰りの専門家
豊島区池袋の税理士中野克美です。

 

起業をしてもうすぐ半年が経過しようとしています。
ここで一度整理したくなって、これまでの半年間の記録を読み返してみました。

読み返してみるとまだ行動できていないことが多いことに気づき、
かなり反省しています。

実際に起業してみて、
作業時間の見積もりや市場に対する認識が甘いと気づき、
「やらない」という決断をしたものもあるのですが、
今振り返って再確認してみても悪くないものもたくさんありました。

それなのに行動に移せていない・・・
もったいないなぁ。

過去を悔やんで止まっていても仕方がないので、
素直に反省し、開き直ってこれからの行動で変えていきたいと思います。

それでまず取り組み始めたことが、
「目標を細分化すること・日々の行動計画を立てること」

目標を設定し、
現状を把握し、
目標と現状の差をしっかり認識し、
その差を埋めるための行動計画を日々の行動レベルまで具体化させる。

今、計画を作り直しています。

「半年の目標」「1か月の目標」「1週間の目標」「その日の目標」と
具体的な行動計画で繋げることができたら、
あとはひたすら行動するのみ。

あとは、
うまくいっているかどうかチェックをして、
必要に応じて再度計画を修正していく。

これを毎日続けるのは大変だと自覚しているのですが、
やればかならず効果があると信じ、
気合いを入れて取り組んでいきたいと思っています。

この記事を書いた人

中野 克美税理士/宅地建物取引士
昭和51年生まれ 埼玉県川口市出身 東京都板橋区在住

早稲田大学卒業後、税理士業界に勤務。
事業主の悩みを理解し真のパートナーになるには、自らが事業主になる必要性を強く感じ2014年3月に顧客ゼロで開業する。

開業後は「中小企業の永続に貢献すること」ことを使命とし、
税務のみならず経理合理化や資金調達の分野において、クライアントの問題解決に積極的に取り組む。
集客・IT・労務・法務など経営全般について相談を受ける機会も多く、各分野の専門家と共同で問題解決にあたっている。

自らの経験をフィードバックできることから、
資金面や人材面など制約が多い中で結果を出す必要がある
開業3年未満の会社の経営サポートを特に得意としている。